読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本のファッションブランド

こんにちは!

Johnbull Private labo online storeのおおたです。

もう毎日寒くて朝がつらいですね。

あと1分寝る…あと1分…と呟きながら5度寝くらいしております。

 

先日ファッションセミナーに行ってまいりました。

大好きな【ANREALAGE】のデザイナー森永氏のお話を聞いてきました。

 

【ANREALAGE】は日本のファッションブランドですが、現在はパリコレクションに出展しています。

毎回のコレクションは圧巻です。

過去のコレクションですと、

「サイズを持たない服」というダイヤルを回すとフィット感やサイズが変更できる服。

f:id:hynm_johnbull:20151216173832j:plain

こちらの身長の違うモデルですが、全員同じサイズのドレスを着ています。

ところが…

f:id:hynm_johnbull:20151216173852j:plain

このようにどんな身長のモデルもぴったりのサイズになっています!

 

「季節を問わない服」というテーマでは、衣服内の温度を常に32℃に保つ温度調節素材を使用した服や、温度により伸縮するワイヤーを使ったメッシュ素材で温度調節を可能にする服。

f:id:hynm_johnbull:20151216174032j:plain

など、毎回考えさせられるテーマでわたしたちにファッションの面白さを教えてくれるブランドです。

 

今回のセミナーでは、前回のパリコレクションで披露した

スマートフォンのフラッシュ撮影の光により映し出される服が展示されていました!

f:id:hynm_johnbull:20151216174345j:plain

光を当てないと、アイスグレー色のマットな服なのですが、フラッシュを当てると発光し、カラーまで映し出されるという服です。

これは、デザイナーの森永氏がパリコレクションでの実体験がもとになっているとか。

コレクションに招待されているバイヤーやプレス、エディターたちはショーを肉眼で見ることよりスマートフォンで撮影することに集中していると感じたのだそう、そのことを逆手にとり、撮影してこそ見ることのできる服を作ったのだそうです。

 

森永氏のお話は実に興味深かったです。

自分がファッションに興味を持った頃のあのドキドキ感を思い出させてくれ、これからの日本のファッション界がどのように変わっていくのか楽しみで、特に森永氏からは底知れぬ可能性を感じました。

 

Johnbullも同じ、日本のファッションブランドとして盛り上げていきます!

みなさま、期待していてくださいね!

 

おおた

 

[online store] http://www.privatelabo.jp
[zozotown] http://zozo.jp/shop/johnbullprivatelabo/
[公式facebookページ] http://www.facebook.com/JohnbullPrivatelabo